• レタスづくりは 土づくり
  • 元気でおいしいレタスは、
    健康な土でなければ育たない。
    「レタスは非常にデリケートな作物で、
    ちょっとした土壌の変化や、気象の変化で大きく品質が
    左右されてしまうんです。
    だから、おいしいレタスにとって一番よいことは何か?を
    常に考えて栽培を行っています。」
    茨城県八千代町のレタス生産者、増山さんはそう語ります。
  • その中でも、土はレタス作りには欠かせないポイント
    だそうで、土壌を診断して、使用する肥料が土に本当に
    必要かを判断し、
    使用量を算出して堆肥の量を決めているとのこと。
    そのこだわり方は、もはや科学の領域です!
    そして収穫を終えた畑はいつも健康な状態に手入れして、
    次の栽培につなげるそうです。
  • こうした地道な取り組みの積み重ねが、
    「色」「形」「大きさ」そして「甘味」のあるレタスの
    安定した収穫量を支えているんですね。
    さらにもうひとつ、おいしいレタスを収穫するための
    こだわりが増山さんにはあります。
  • 「レタスはなんといっても朝採りです!
    日の出と同時に、早い時で朝の5時から収穫します。
    気温が低い朝はレタスの温度が上がらず、
    鮮度を高い状態が維持できるんですよ。」
    今度モスでシャキシャキなレタスを食べるとき、
    朝焼けの中で収穫される風景をちょっと想像して
    みてください。
※画像はイメージです。