• テリヤキバーガーは モス生まれ
  • 和風バーガーの代表格。
    その誕生を支えた隠し味と、隠された物語。
    和風バーガーの代表格として、
    多くの人に親しまれ、愛されているテリヤキバーガー。
    このテリヤキバーガー、いつ、どこで生まれたか、
    知っていますか。何を隠そうモスバーガーが、
    日本のチェーン店で初めてテリヤキバーガーを開発したのです。
    1973年、モスが誕生して、わずか2年目のことでした。
  • 最大の壁は、テリヤキソースの味つけにありました。
    日本人の味覚に合い、しかもパティやバンズにも合う。
    そんなテリヤキソースを実現するために
    モスが選んだ隠し味。それが、なんと味噌でした。
    まさに味噌こそ、テリヤキバーガー誕生のミソだったのです。
  • たっぷり重ねられたシャキシャキのレタスと
    マヨネーズを加えて遂に完成したモスのテリヤキバーガー。
    できた!さあ、みんなに食べてもらおう!
    しかし、自信作としてお届けした初めての和風バーガーは、
    発売当初、あまり売れませんでした。
    意外かも知れませんが、当時のテリヤキという言葉からは
    魚料理の「照り焼き」がイメージされたからです。
  • その状況を変えてくれたのは、なんと女子高生でした。
    食に対して先入観のなかった彼女たちは、
    素直にテリヤキバーガーをおいしいと評価してくれて、
    友だちから友だちへと口コミで広げてくれました。
    隠し味や隠された物語との出会いにも恵まれて、
    モスのテリヤキバーガーという日本の定番は生まれました。
※画像はイメージです。