• トマトの赤は 情熱の赤
  • 日々追求、日々研究。
    トマトづくりにかける想いとこだわり。
    「トマト栽培は天候に左右されます。
    1時間単位、1日単位、1カ月単位、1年単位と、
    天候に合わせた管理をしていかないと、
    同じ品種であっても、味が大きく変わってしまうんです。」
    長崎県南島原市のトマト生産者、
    近藤さんは実感を込めてそう言います。
  • 近藤さんが自分らしい栽培方法を確立する
    きっかけとなったのがモスバーガーの産地交流会。
    「肥料の知識」「栽培技術」「トマトの樹の見極め方」など
    他県の生産者との出会いから得た経験から、
    栽培技術について多くのヒントを得たそうです。
  • 「試してみる。比べてみる。計測してみる。
    ひとつひとつを追究し、考えながら
    栽培することの大切さを知りました。
    トマトの生育のカギは、光合成の促進です。
    温度、湿度、土の地温まで日々、検証しています。」
  • 近藤さん宅ではトマトを食卓に出すと、
    お子さんたちがおいしいものだけを選んで食べるそうです。
    「味に厳しい子どもたちがモリモリ食べる
    トマトを作って、モスバーガーのお客さまに
    笑顔になっていただきたいです。」
    情熱から生まれたこだわりが、
    おいしいトマトの安定した収穫につながっています。
※画像はイメージです。