• ライスバーガー 誕生物語
  • 最大の難関だったライスプレートづくり。
    ヒントは日本でおなじみの、あの食べ物。
    1987年に誕生したモスライスバーガー。
    そのきっかけは、日本で生まれたモスらしい、
    いたってシンプルな想いでした。
    「日本人の主食であるお米を使って、
    何か商品ができないだろうか?」
    でも実は、お米を使うという発想には、
    魅力的な利点がありました。
  • お米を使うことで、日本人の食卓に並ぶ
    あらゆるおかずを具材にできるのです。
    一方、大きな問題もありました。
    世界で初めてのお米のバーガーを
    作るノウハウなど、モスはもちろん、
    世界のどこにも存在しなかったのです。
  • 最大の難関は、ライスプレートをつくることでした。
    パンの代わりにごはんを使うには
    型崩れしないことが欠かせない条件。
    しかし、強く固めると粒がつぶれて食感が悪くなり、
    食感を優先するとプレート状になりませんでした。
    苦心の末にたどり着いたのが「焼く」という答えでした。
    そう、「焼きおにぎり」の発想です。

  • ※画像の商品は現在、販売しておりません。
  • 醤油を塗りライスプレートを焼いてみると・・・
    崩れにくい!香ばしい!そのままでもおいしい!
    こうして完成した初代モスライスバーガーは、
    大きな話題を呼び、いまや定番商品に。
    味だけでなくアイディアにまで日本らしさが
    ぎゅっと詰まったモスの自信作なのです。
※画像はイメージです。