• とことん手洗い とことん清潔
  • 何度も、何度も、ていねいに手洗い。
    安全は、おいしさの大前提だから。
    日々、調理の技術を磨くモスのスタッフですが、
    モスで働き始めた時から決して変わることがない
    大切な調理の基本があります。それが「手洗い」です。
  • モスの「手洗い消毒マニュアル」では、
    手洗い消毒のタイミングが細かく決められています。
    お店に来たとき。厨房に入って作業をする前。
    仕込みの前、商品を作る前。
    シェイクを作る前やシェイクマシンのメンテナンス前。
    お金を触った後。トイレや清掃の後。
    それ以外にも1時間に1回以上は、手を洗うことを励行します。
  • 「1日にどれだけ手を洗っているの?」
    そう思われるかもしれませんが、
    スタッフ自身も数えていられないくらい
    何度も何度も洗います。
    さらには、洗い方にも厳密な決まりがあります。
    流水を使って、専用洗剤を付け、
    30秒以上、ひじから指先まで手のあらゆる箇所を洗った後に、
    爪ブラシを使って爪やその周りを洗い、
    アルコール消毒で仕上げます。
  • 大変そうに見えますが、モスのスタッフは
    この手洗いが習慣として身についています。
    何より、おいしさ以前に安全であることがモスの約束。
    「食品衛生は、手洗いに始まり、手洗いに終わる」
    食事をお届けする者としての大切なことを、
    私たちは手洗いから学んでいるのです。
※画像はイメージです。