Cafeモス「やさしい豆乳スイーツ」

Cafeモス「やさしい豆乳スイーツ」

やさしい素材で、幅広い方に「おいしい」をお届けします。
小麦粉・乳・卵・白砂糖は不使用

モスが目指したのは、みんなで楽しめるスイーツでした。
米粉、豆乳、甜菜糖(てんさいとう)などを材料に、手間ひまかけて、おいしさを追求。
そして、やさしい豆乳スイーツが完成しました。
そのやさしさを、ぜひ一度、お確かめください。

  • ※本品は低アレルゲンメニューではありません。
  • ※マンゴーロールケーキとレアチーズ風 グレープフルーツ&ブラッドオレンジソースの製造工場では、小麦を含む製品を製造しています。

「やさしい豆乳スイーツ」が生まれるまで

小麦粉・乳・卵・白砂糖→甜菜糖・米粉・豆乳などを使用して、やさしい味わいに

小麦粉・乳・卵・白砂糖は不使用

「誰が食べてもおいしいものを小麦粉・乳・卵・白砂糖の原材料を使わないで作りたい。おいしくないものは絶対に発売しない。」という信念の元、開発が進められました。

スイーツで、小麦粉・乳・卵を使わないのは難しいことです。市場調査をしても、味気がなく、甘さが足りなくて値段が高いものばかり。これを「おいしく、なおかつリーズナブルに」どうしたらおいしくてやさしいスイーツができるのか悩みました。
小麦粉・乳・卵・白砂糖、4つの材料を使わないというのはかなり難しいものでした。

そしていくつもの試作を重ね、小麦粉の代わりに米粉を、乳の代わりに豆乳を、白砂糖の代わりに甜菜糖(てんさいとう)を使用した豆乳スイーツに行き着きました。

新素材の濃厚な豆乳クリーム

やさしい豆乳スイーツでは、通常の豆乳だとどうしても味が淡白になるので、コクを出すために、長年かけて開発された世界初の特許製法USS(UltraSoy Separation)で作られた特殊な新素材の濃厚な豆乳クリームが使われています。
おいしく作るために試行錯誤を重ね、プロフェッショナルなパティシエ集団の養ってきた技術と4つの原材料を使わない新しい製法がリンクして、ついに完成しました。おいしく出来上がった自信作です!

実は、ひとつひとつ手作り!パティシエがつくるように心をこめて

工場では、まるで、街のケーキ屋さんのように手作業で行っています。もちろん衛生に十分注意して重装備で作業しています。

マンゴーソースを一つ一つ丁寧に絞ります。

マンゴーソースを一つ一つ丁寧に絞ります。

グレープフルーツのコンポートを見た目よく盛り付けます。

グレープフルーツのコンポートを
見た目よく盛り付けます。

これまでにないスイーツを自信をもっておすすめしたい

他ではまねできない手間のかかる商品

今回のスイーツは、他のチェーンにはまねできないモスバーガーならではの商品だと思います。
通常、スイーツは、小麦粉、乳、卵などを使うのですが、白砂糖を含めこれら4つの原材料を使用していません。
たとえば小麦粉、卵はスポンジを作る上で大切なもので、使わないで作るというのは非常に難しく、手間がかかります。他ではなかなかできないスイーツが完成したと思っています。

  • ※本品は低アレルゲンメニューではありません。
  • ※本品の製造工場では、小麦を含む製品を製造しています。

やさしい豆乳スイーツの味わいに合う紅茶を磯淵猛氏がセレクト

モスバーガーで既に取り扱っている紅茶やアイスティーも紅茶研究家の磯淵猛氏にセレクトをお願いしています。
ルフナティーは、「やさしい豆乳スイーツ」に合わせて、新たに磯淵氏に選んでいただき誕生しました。

おいしく出来上がった「やさしい豆乳スイーツ」をいろいろな方に召しあがっていただいて、ホッとできるような空間をお客さまに提供できたらと思います。

磯淵猛氏が「やさしい豆乳スイーツ」と合わせてセレクトした「ルフナティー」について伺いました

磯淵猛氏・・・紅茶の特徴を生かしたオリジナルメニューの開発や、ホテル・レストラン・紅茶専門店へ紅茶の技術を指導するなど、多方面に活躍する紅茶研究家。

磯淵猛氏

「ルフナティーとはどんな特徴のお茶ですか?」

スリランカの6大紅茶の中の一つで、一番南部の方で採れる低地栽培茶です。
発酵が少し強く、甘い香りがします。味はさわやかで、きりっとくる渋みではなく、濃厚です。甘い香りで、深みのある赤色の紅茶、それがルフナの特徴です。

「豆乳のスイーツにルフナティーを選ばれた理由は?」

独特の豆乳のやさしい風味、香り、口触りを、アロマを持つ切れ味があって、すーっと馴染んで溶け合う感じがルフナにぴったりだと思いましたね。

「紅茶のよさを教えてください。」

やさしさがあって、口の中で油をすっと切って、一口目のおいしさを何度も何度も作り出していく。二口目からも「あっ、またおいしいな」という感覚を作り出すのが、紅茶の特徴だと思います。

モスのこだわり動画のご紹介

モスの紅茶(3分34秒)

  • ※画像、動画はイメージです。
  • ※一部取り扱いのない店舗もございます。
  • ※時間帯によって、ご利用いただけない商品、店舗がございます。